ご不要になったパソコンおよび関連品は、マスターワークスへ。

当店ではご不要になったパソコンおよび関連品の買い取りを行っております。
買い取りさせて頂いた品々は再生パソコンとしてあるいは部品として有効にリサイクルされます。

残念なことに平成25年に小型家電リサイクル法が施行され、小型家電は「製品としての再活用」ではなく、レアメタル採取のための「廃棄」が促進されることになりました。この法律に認定された事業者は廃棄物処理業の許可が不要になることからも「壊して廃棄」という目的が分かります。

この法律の認定事業者の中でも特筆すべきは「リネットジャパン」という会社で「国が唯一認定の宅配便回収サービス」を堂々と謳っています。しかしこれは誤解を生む表現で実際は「宅配便回収の事業計画を元に最初に認定されたサービス」と言うべきものでしょう。

しかしこの謳い文句には全国の市町村が引き寄せられています。
もともと市町村というのは自力での遂行力を持たず「連携」等の名目で民間事業者に業務を移管(丸投げ)するのが常です。各市町村が「リネットジャパン」のサービスに飛びつくのも無理ありません。
ただその結果、本来であれば得るべき貴重な税収を市町村自身が放棄して、それがそのまま一民間事業者の利益になるような誘導を市町村自身が施策している、という現状はリサイクルの精神とはかけ離れていると言わざるを得ません。

当店がある長野県伊那市も「リネットジャパン」と「連携」しています。
このサービスを利用すると市民は小型家電の廃棄に1,500円を支払わねばなりません。が、パソコンが一緒だと無料になります。なぜなら「リネットジャパン」はレアメタルで儲かるからです。
市民には何も残りません。市にも税収は入りません。そしてパソコンは再利用されずに廃棄処分されます。潤うのは「リネットジャパン」だけです。

こうした状況を「もったいない」と思われる企業や個人の皆さま。
ぜひ当店に買い取り査定をご依頼ください。皆さまが大切にお使いになってきたパソコンや関連品を当店が責任もって再生品としてリサイクルいたします。
買い取りは長野県の中信・南信を訪問エリアとし、査定は無料で行っております(エリア外の場合はお問い合わせ下さい)。もちろん査定価格にご納得いただかなければお売り頂かなくて結構です。


なお当店は廃棄目的の認定事業者でも街のリサイクルショップでもありません。
コンピューターおよび関連機器に精通している旨を自負する技術者集団です。
買い取りさせていただいたパソコンのハードディスクは責任もって完全消去いたします。
もちろん費用はいただきません。(ちなみに「リネットジャパン」は3,000円/台です)
どうか安心して大切にお使いになってきたパソコンを当店にお預け下さい。

ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。